痩せて見える服装は?体格別で、着痩せする洋服選びのポイントを紹介

コーディネートを決める際に、「体型をスリムに見せたい」と思う人は多いかもしれません。

ファッションアイテムは、組み合わせ方次第で全身の印象がガラリと変わります。

着痩せを目指すときには、コーディネートの仕方を工夫するのが1つの方法になるでしょう。

今回は、体格別に着痩せする洋服選びについて解説します。

編集部
編集部

上半身が気になる人、下半身が気になる人のコーディネートの例も紹介してみましょう。

着痩せとは?

着痩せのメカニズム

編集部
編集部

着痩せするコーディネートをしたいときには、着痩せのメカニズムや着痩せする人としない人の違いを押さえておくと役立ちます。

着痩せは、コーディネートによって実際の体型よりもスリムに見える現象のことです。

着痩せするかどうかを決めるのが、ファッションアイテムの色や柄、組み合わせ方などです。

色には、目の錯覚によって実際よりも膨らんで見える膨張色と引き締まって見える収縮色があります。

また、柄にも横に広がりを感じさせるデザイン、縦のラインを強調するデザインなどが見られます。

こういった色や柄の選び方、コーディネートの仕方によって、見た人に実際よりも痩せているような印象を与えるのが、着痩せのメカニズムです。

着痩せする人としない人の違いはあるのか?

編集部
編集部

着痩せする人は、一般的に収縮色や縦のラインを強調するデザインを上手に活用しています。

このような色、デザインの効果を取り入れて、気になる部分が目立たないようなコーディネートをしているわけです。

また、自分のチャームポイントを強調し、ボリュームのある部分にあえて視線が集まらないように工夫している人もいます。

着痩せしない人の場合は、カバーしたい部分に膨張色を使っていたり、横に広がって見えるデザインを取り入れていたりします。

【体格別】上半身にボリュームのある人は?

トップスの色や柄

編集部
編集部

上半身にボリュームがある人の着痩せポイントは、トップスの色や柄選びです。

上半身をスリムに見せたい場合、トップスの色に引き締まって見える収縮色を選ぶのが1つの方法になるでしょう。

また、縦のラインを強調するストライプの柄も、着痩せ効果が期待できます。

上半身のボリュームを隠したい場合、ダボダボとしたメリハリのないトップスを選んでしまうのは、逆効果になることがあります。

トップスのシルエット

編集部
編集部

上半身の着痩せを目指すときは、トップスのシルエットが重要です。

例えば、ボディラインに沿うようなフィット感のあるトップスなどは、思いのほか着痩せ効果があります。

バストが自慢の人は、バストとウエストのメリハリができるだけ強調されるようなデザインを選ぶと、グラマラスな印象を与えられるでしょう。

上半身が気になる場合、デコルテや手首の部分は隠すよりも出したほうがすっきりと見えます。

七分袖や五分袖のトップスなどは、二の腕の太さがコンプレックスの人でも安心して着られるアイテムです。

【体格別】下半身にボリュームのある人は?

目線を高いところに集める

編集部
編集部

下半身にボリュームがある人は、上半身に視線が集まるように工夫するのがコツです。

インパクトがあるデザインのトップスを着たり、ボリュームがあるネックレスやイヤリングをつけたりすると、気になる下半身が目立たなくなる可能性があります。

ストールやスカーフでアクセントを加えるのも、着痩せのテクニックになるでしょう。

ボトムの色とシルエット

編集部
編集部

下半身をカバーしたい場合、ボトムの色やシルエットの選び方はとくに重要なポイントになってきます。

着痩せ効果を得るうえでは収縮色を選ぶのが1つの方法ですが、シルエットによっては余り効果が得られないこともあります。

例えば、気になる部分のボリュームが強調されてしまうタイトスカートなどは、下半身をカバーしたいときには少し慎重に選びたいアイテムです。

太ももやヒップのボリュームが気になる場合、あえてボディラインが強調されないシルエットを作ったほうが、スリムに見えるかもしれません。

ふんわりとしたシルエットのフレアースカートなどは、下半身のボリュームをカバーしながらフェミニンな雰囲気を演出できるアイテムです。

【コーディネート編】上半身が着痩せする服装は?

七分袖のシャツやVネックカットソー

上半身をスリムに見せたい場合、トップスに七分袖のシャツやVネックのカットソーなどを選ぶとコーディネートがしやすくなります。

ボディラインに沿うように立体的にデザインされているアイテムは、着るだけで上半身に適度なメリハリが出ます。

顔周りがパッと華やかになるフリル付きのデザインなら、気になる部分に視線が集まるのを防げるかもしれません。

編集部
編集部

ストライプのデザインが施されていれば、さらに着痩せ効果が期待できるでしょう。

すっきりとしたシルエットのボトム

編集部
編集部

このようなトップスには、すっきりとしたシルエットのボトムを組み合わせるのが効果的です。

タイトスカートやスキニーパンツなどを合わせると、全身をスリムに見せられる可能性があります。

足元には、サンダルやパンプスなどの足首が出る靴を持ってくれば、華奢な印象を与えることができます。

上半身のメリハリが強調されるようなアイテムを選んでいくのが、このコーディネートのコツです。

【コーディネート編】下半身が着痩せする服装は?

華やかなトップスには同系色のボトム

編集部
編集部

下半身の着痩せを目指すときには、少し華やかなトップスをそろえておくと便利です。

襟元にスパンコールでデザインが施されていたり、アクセントになるような襟が付いていたりするアイテムは、コーディネートに役立ってくれるかもしれません。

ボトムは、トップスと同じ色を選ぶと、視線が上に集まって全身がスリムに見えます。

ワンピースを着る場合も、ネックレスやスカーフで襟元にアクセントを加えれば、下半身のボリュームがカバーされる可能性があります。帽子を被るのも効果的です。

ボトムに合わせたトップス選び

ボリュームがあるフレアースカートをボトムに選ぶ場合は、トップスをできるだけコンパクトにまとめるのがコツになってきます。

フラワー柄のフレアースカートなどは、黒や紺、ブルーなどの収縮色のトップスと組み合わせるとメリハリのあるコーディネートが完成します。

編集部
編集部

足元はできるだけ軽くまとめるのがポイントです。

ヒールのあるサンダルやパンプスを合わせれば、軽快な印象を与えられます。

自分の体格を知ることが大切

編集部
編集部

自分の体格を正確に把握しておくことは、コーディネートの基本です。

体形が気になる人にとって、上半身にボリュームがあるか、それとも下半身にボリュームがあるかは、最初にチェックしておきたいポイントになるでしょう。

上半身のボリュームが気になるときには、肩幅やバストサイズ、ウエストのラインなどのバランスを確認して、ボリュームが出てしまう原因を探ってみるとよいかもしれません。

女性の体格は、特徴によってリンゴ型や洋ナシ型などのカテゴリーに分けられることがあります。

自分がどのタイプに該当しているかをチェックしておくと、コーディネートのコツがわかってくるかもしれません。

エアークローゼットとは?

編集部
編集部

自分の体格がわからないときは「エアークローゼット」を利用してみよう。

着痩せするコーディネートを実現するうえでは、自分の体の特徴を知ることが不可欠です。

ただ、鏡で見ても自分の体格がよくわからない場合もあるでしょう。

そんなときは、「エアークローゼット」のサービスを利用してみるのもおすすめです。

「エアークローゼット」は、プロのスタイリストが自分に合ったアイテムをセレクトしてくれる洋服のレンタルサービス。

登録すると、好きなスタイルにマッチしたアイテムが自宅に届きます。

タイトルとURLをコピーしました